Apple下取りサイトでiPhoneデバイス検索ができない 製造番号(IMEI)での検索方法と原因・対応策

Featured image

こんにちは。

毎年 iPhone や iPad の新製品が発表されて新しい iPhone が欲しいけど高くで買えない。
といった悩みは Apple ユーザーが毎年抱える悩みではあると思いますが、その解決方法の一つとして「Apple GiveBack の下取りプログラム」で現在使用している iPhone、または iPad を下取りしてもらい、Apple Store ギフトカードを受け取る方法があります。

今回わたしも現在使用している iPhone を下取りしてもらい少しでも新 iPhone 購入の足しにしようとしたのですが、手間取ったところが一箇所ありました。

それは「Apple 下取りサイトで、製造番号(IMEI)のデバイス検索ができない」ことです。

今回は iPhone の製造番号(IMEI)を確認する方法、つまづいたところ、原因と解決策を記載していきます。

下取りする流れ

「Apple GiveBack の下取りプログラム」に移動します。
https://jp-applegiveback-abbti.brightstar.com/is-bin/INTERSHOP.enfinity/WFS/BrightstarAPAC-JPAPPCON-Site

apple-giveback-imei

デバイスの検索欄に iPhone の製造番号(IMEI)を入力し検索ボタンを押下します。

apple-giveback-imei2

 

設定画面から iPhone の製造番号(IMEI)の探し方

設定>>一般>>情報  IMEI 箇所を長押ししコピーする。

apple-giveback-imei3

apple-giveback-imei4

 

この IMEI 番号をコピーし、Apple GiveBack の下取りプログラムの入力フォームに貼り付け検索ボタンを押す。
そうすると以下メッセージが表示されました。

デバイスが見つかりませんでした。デバイスの検索方法をご確認いただき、再度お試しください。

 

apple-giveback-imei5

 

他の製造番号(IMEI)の探し方から検索してみることにしてみました。

 

電話のキーパッドから iPhone の製造番号(IMEI)を表示する

電話のキーパッド画面を表示させる。

apple-giveback-imei5

キーパッドに 「*#060#」 と入力する

すると製造番号(IMEI)が表示されます。

apple-giveback-imei6

その内容をメモし、また検索フォームに入力し検索ボタンを押下したら検索することができました。

apple-giveback-imei7

apple-giveback-imei8

なぜ設定画面でコピーした製造番号(IMEI)では検索できなかったのか

その理由は設定画面でコピーした番号はスペースも含まれてコピーされているから。
かつ検索フォームは最大 15 桁しか入力することができないので、そのまま貼り付けてスペースを取り除いても後ろ 2 桁が取り除かれていて検索することができなかったのです。

なので設定画面でコピーした製造番号(IMEI)を、メモに貼り付けてスペースを取り除いた上で検索すれば正常に検索することができます。

以上

comments powered by Disqus