よく使うGitコマンド[必要最低限 これがわかればとりあえず良し 随時更新

Featured image

以前の会社ではSVNを利用していましたが、転職してからGitを利用することになりました。

Gitを利用していてよく使うコマンドとあまり使用しないコマンドがでてきたので、以下によく使用するコマンドを列挙しました。

よく使うGitコマンド一覧

他の人が作成したGitリポジトリのコピーを作成する

git clone リポジトリ名

変更をステージに追加する

git add

変更を記録する

git commit

GitHubにプッシュする

git push リモート名 ブランチ名

ローカルのプロジェクトをGithubリポジトリへアップロードしたい時

git remote add origin リポジトリURL

新規ブランチ作成し、新規ブランチに切り替える

git checkout -b 新規作成ブランチ名

現在の変更状況の確認する

git status

git addする前の変更差分確認

git diff

全変更履歴確認

git log

コミット最新から2つ分の修正内容確認

git log -p -2

コミットタイトル1行のみ表示

git log --oneline

ワークツリーの変更をもとに戻す

git checkout -- .

addしたファイルの取り消し

git reset HEAD 取り消しファイル名

直前のコミット取り消し
ワークツリーのファイルはそのまま

git reset --soft HEAD^

リモートから取得する
リモートリポジトリからローカルリポジトリに反映している(この時点ではワークツリーには未反映

git fecth リモート名

ワークツリーに反映

git merge リモート名/ブランチ名

fecthとmergeを一気に実施する

git pull リモート名 ブランチ名

リモートブランチをローカルにチェックアウトする

git branch -a
git fetch
ローカルブランチ名を指定し、リモートブランチをチェックアウトする
git checkout other_branch

リポジトリ内特定のブランチをpullする

git pull origin pullするリモートブランチ名:ローカルブランチ名

Untracked filesな削除する対象を確認する

git clean -n

Untracked filesを削除する

git clean -f

Untracked filesな削除する対象を確認する(ディレクトリも含む)

git clean -nd

Untracked filesを削除する(ディレクトリも含む)

git clean -fd

不要なローカルのブランチを削除する

git branch --delete 〜〜〜

修正内容一時退避して別ブランチで作業したい時

git stash save

退避しているstash分を確認したい

git stash list

変更ファイルのリスト確認

git stash show 見たいStash名

stash分の復活(戻し)

git stash apply 復活したいStash名

変更の復活と削除

git stash pop 復活削除したいStash名

N番目のスタッシュを削除

git stash drop stash@{N}

最新のスタッシュを削除

git stash drop

ある特定のコミットIDの修正内容を取り込みたい

git cherry-pick コミットID

GitHub 上

コミット間でのdiffを取得したい

リポジトリURL/compare/コミットID...コミットID
comments powered by Disqus