iPhoneが勝手に電源オフする iOS12.1にアップデート後の不具合対処法

Featured image

つい先日普段使用している iPhone を iOS12.1 アップデートしました。
すると iOS アップデートした後から iPhone で不具合が発生するようになりました。
不具合内容は、「iPhone を使用していると何度も勝手に電源オフ画面が表示される」という症状です。

もしかしたらアップデート起因ではなく、使用時に落としてしまったことが原因かもしれませんが、同事象が発生している方の参考になる為に記載します。

電源オフ画面とは、電源ボタンを長押しすることで表示される以下画面のことです。

「スライドで電源オフ」画面

iphone-ios-12-1-power-off

実際この電源オフ画面でスライドすると、iPhone 再起動がかかります。
また同時に、iPhone の下部丸ボタン押下するとなぜかスクリーンショットが撮影されてしまう事象も発生しました。
回数も 1 日に 10 回弱発生するので煩わしいので、解決方法を調べました。

現象発生端末

  • iPhone SE
  • OS バージョン:iOS12.1

解決方法

アプリの通知オフ

iPhone 本体の時刻を参照して通知を行うプログラムに不具合の可能性があること判明しました。
Zaim やマンガアプリなどの時刻通知アプリや、通知が必要ないアプリの通知をオフにした。

この方法で解決する端末もあるらしいですが、わたしの端末は解消しませんでした。

iPhone の強制再起動

強制再起動は利用端末によって方法が異なります。

iPhone6s,6s Plus,SE 以前

ホームボタンと電源ボタンを Apple マークが表示されるまで押し続ける。

iPhone7,7Plus

音量下げボタンと電源ボタンを Apple マークが表示されるまで押し続ける。

iPhone X,iPhone 8 以降

  • 音量上げボタン押下しすぐ放す。
  • 音量下げボタン押下しすぐ放す。
  • 電源ボタンを電源切れるまで押し続ける。

これでも解決せず。

Apple サポートセンターに持っていく

一番の解決方法はこれですね。

ただ基本的に混雑しており予約必須です。
新型 iPhone が発売された時期なんかは予約さえもとることができません。

最終的にわたしは以下手段で一時対応としました。

電池を使い切る

パソコンだとバッテリー起因の不具合の場合、一度電池を全て使い切り再度充電しなおすと不具合が解消されることもあります。

最後の手段だと思い使用している iPhone の電池を使い切ってみました。
すると完全には直りませんでしたが、確実に再起動画面が表示される機会が少なくなりました。

なのでこの手段を一時対応とし、予約可能な日に Apple ストアに修理に出そうと思います。

追記:Apple サポートセンターに電話で相談

再起動画面が表示される回数は少なくなったものの、まだ事象が発生するので Apple サポートセンターに相談しました。
基本 iPhone で不具合発生した場合、個人で解決できることは少ないのでまず相談しましょう。

相談したところ、以下提案されました。

iOS 再更新

一つ目は「iOS 再更新」

  1. 普段使用している iTunes が入っているパソコンに接続する

  2. リカバリーモードにする

  3. iOS 更新する

リカバリーモードにして iOS 更新する方法は Apple サイトのヘルプに記載がありました。

Apple:iPhone、iPad、iPod touch をアップデート/復元できない場合

念の為バックアップ取得してから実施しましょう。操作手順間違えた時に備え。

バックアップを復元する時は自身で設定したパスワードを求められるので、忘れないようにしましょう。 復元できなくなってしまいます。

わたしと同じ様に iPhone 使用中に再起動画面が何回も表示され煩わしい と感じられる方は試してみるといかがでしょうか。

※追記:

2018/12/20

まだ発生する。

Apple 修理に出そうとしたら、サポート期間が切れていて、Apple での修理費が 3 万超えたので iPhone8 買った。

iPhone8 いいですよ。サイズも特別大きくないし。
指紋認証も第二世代になって読み込まれやすいし。

AppleStore 持ち込み以外の iPhone 修理なら【iPhone 修理あいさぽ】がおすすめです。

comments powered by Disqus