2週間イタリア ミラノに行ってきた-後半-ミラノ内で巡りに巡った観光地_サッカー観戦や最後の晩餐

こんにちは。

前回はミラノ到着までに色々あり、ミラノでの生活を書かずに記事が終了してしまいました。

2週間イタリア ミラノに行ってきた-前半(羽田発ドーハ経由ミラノ着まで)

今回はミラノに2週間滞在したことをつらづらと書いていきます。

友人と合流

ミラノのマルペンサ国際空港に到着後まずはCadorna駅に向かいました。
理由は友人との待ち合わせ駅がCadorna駅だったからです。
空港から特急一本で行けるので楽でした。

ただイタリアはスリが多いと聞いていたので最初は緊張していたな。

Cadorna駅到着後、改札を出るとすぐに友人と落ち合うことができました。
改札は一つだったし、アジア人が特別多いわけでもないので目立ってたのですね。

荷物も多かったので(キャリーバッグとバックパック)まずは友人宅へ向かい荷物を置かせてもらいました。
友人宅はCadorna駅から数駅離れた場所で、メトロを使えばすぐでした。

ミラノのメトロは一定のエリア内なら1.5ユーロでとても安いです。
また自動販売機や、KIOSK みたいな改札近くのショップでも購入することができます。
わたしはイタリア人と交流が持ちたかったのでよくショップで購入していました。

また大きな駅の自動販売機だと、ホームレスが勝手にチケット購入ボタンを押して
「手伝ったから金くれ!」
と言ってくることがあるので要注意です。

友人宅近くの駅S.Ambrogioに到着。
ここの辺りのエリアは昔から立っているアパートや、石畳が残っていて歴史を感じられます。
歴史と言えば、ミラノ内教会がとても多かったです。
しかも無料で入れる場所もあったので、ちょっとした散歩でよく巡っていました。

italy-milan-travel-2

友人宅は5階建てくらいだっけな。
エレベーターの扉が手動のクラシックスタイル。
最上階でしかもルーフトップ付きで、一週間に1回は屋上でバーベキューをするらしい。日本じゃ考えられない。
因みにゲストルームもあった為、私は2週間このゲストルームで過ごしていた。

もちろんリビングやキッチンも自由に使えたのでとても快適でした。

いつも日本では1K激せま生活をしていたので、広々して心もおおらかになった様に感じられました。

初日は近くのパン屋でピザを買って、それを夕飯にしました。

2週間という割と長い期間ミラノに滞在することができましたが、思い返してみると毎日新しい人と出会ったり新しい場所に行ったりと、無駄な日は1日もありませんでした。

ミラノ観光地巡り

ミラノ到着から数日は、とにかくミラノの観光地を巡りまくりました。
最初にスフォルチェスコ城に向かい周りを一周し中にも入りました。

こういう観光地行くと、歴史を知っているとより楽しめるんだろうなと毎回思います。

italy-milan-travel-3

その後はミラノ一番の観光地「ドゥオーモ広場」に向かいました。

italy-milan-travel-4

ここは外からドゥオーモ教会を眺めるだけでも圧巻ですが、教会の中と屋上に行くべきです。
わたしが行ったときは、教会内部も屋上に行くのもチケットを購入する必要がありました。

屋上へはエレベーターか歩きで向かうことができます。
歩きチケットの方が安いので、歩きを選択しました。

italy-milan-travel-5

教会内部に入るのは数十分程度で入れましたが、屋上に行くにはすごく時間がかかりました。
2、3時間かかったんじゃないかな。
教会内部は日本語音声ガイドあるのでそれをレンタルし、説明を聞きながら回りました。

まず単純に天井が高い。
しかもその屋上近くまで装飾がされているのを見ると技術力の高さを感じますね。

因みに教会内部は電話は禁止。静かに鑑賞します。
上述した様に屋上に登る為にかなりの時間待ちました。
ドゥオーモ屋上に行くのなら早めに並ぶほうがいいです。
ただ並んでいた疲れも吹っ飛ぶくらいの絶景でした。
これは見る必要あり。

屋上では割とゆっくりすることができます。急かされることもなく。
写真も撮影したのですが、ぜひご自身の目で見て感動してもらいたいので、このブログにアップするのはやめときます。

あとイタリアの観光地で共通して言えることですが、アフリカ系移民の押し売りがとても多いです。
手口としては、ミサンガや自撮り棒などを買わないかとしつこく聞いてきます。 無視、もしくはノーグラッチェと言いましょう。
アフリカ人は無視していても、肩にミサンガを勝手に乗せてきて振り払うと
「落としたら売り物にならないから買い取れ!」
と言ってきます。
シカトしてその場をすぐに立ち去りましょう。

あとドゥオーモ広場にあったジェラート屋は安くてうまかったです。

サッカー観戦

観光地は色々回りましたが、今回の旅行で一番行きたかった場所がありました。

それは「サン・シーロスタジアムでサッカーの試合を見る」です。

何日か滞在していると友人がたくさんの友人を紹介してくれて、一緒にACミラン戦を見に行くことになりました。
チケットはミラノに着いてからオンラインで購入。
購入したチケットは地元のプリント屋でコピーしました。
10セントくらい。

ACミラン VS ナポリ

当日、メトロに乗継ぎサン・シーロスタジアムへ。
日本の通勤満員電車を思い出すくらい満員電車でした。
こんなときだからこそスリには注意。
友人曰く、ルーマニア人など他国から移住してきた人がスリをするパターンが多いので、イタリア人以外を見たらその場から離れろと言っていました。
実際帰りの電車でイタリア人のおじちゃんがルーマニア人に難癖つけられていました。
スタジアムに着くと既に熱気は最高潮!
ビールを会場近くで飲みテンションを上げていく。
こんな場所にもエスプレッソが売っていたのには国民的飲料なんだなと思いました。

italy-milan-travel-5

スタジアム内に入り感じたことは
大きい!
多い!
音がでかい!

これにつきます。
迫力が違いすぎます。
これは生で体験するべきです。

選手紹介でも大きな声で紹介をし、点を入れそう、または入れられそうなときの音量は爆音です。

italy-milan-travel-6

残念なことに0対0のドローでしたが貴重な経験をすることができました。
帰りのメトロも激混み。

最後の晩餐

あと忘れちゃいけない。
最後の晩餐も見ました。

最後の晩餐はとても人気で公式サイトだと数ヶ月先も予約できないのですが、数日前でもとっておきROMA で購入することができました。
数回メールでやりとりして、口座振込をすれば予約することができました。
おそらく一人だった為空きが出たとき予約できたのでしょう。

チケット:1,632円
手数料:2000円 計:3632円

他サイトと比べてみても手数料安いのでおすすめ。
最後の晩餐も、エピソードが多いので少しでも勉強しておけばよかったかな。

見学時間の制限はあるものの、ゆっくり見ることができた印象があります。
また長くなってしまった。

今回2週間で主にミラノの滞在していましたが、ジェノバ方面のカモーリや、フィレンツェにも行きました。

私がイタリア滞在で一番よかった場所がカモーリなので、それに関してはまた次回書きます。

以上

comments powered by Disqus