2週間イタリア ミラノに行ってきた-前半(羽田発ドーハ経由ミラノ着まで)

2018 年 4 月に約 2 週間イタリアのミラノに行ってきました。
今回はわたしの思い出の整理のため、その 2 週間をつらつら書き記していきます。

またミラノの良かった所、悪かった所は別記事でまとめて書いていこうかなと思います。
とりあえず当記事は感じたことをメインに書きますが、到着までに色々あったので今回はミラノ到着までを書きます。笑

今後ミラノに行きたい、ミラノってどんな場所など、ミラノに興味ある人に対してプラスになれば幸いです。

ミラノに 2 週間行った理由

まずなぜミラノに 2 週間も行ったのか行けたのかというと、それは勤めていた会社を辞め次の会社も決まり1ヶ月ほど空き期間ができたからです。

またわたしの知り合いがミラノに住んでいて、その人が家に泊めてくれると言っていたので、宿代 0 円なら格安で旅行できると思ったからです。
要するにタイミングがあったんですね。

日本を出発する当日わたしは宿泊する友人のために百貨店にお土産を買いに行きました。
友人はイタリア人でしたが日本の文化がすごく好きで、過去に東京にも来たことがありました。
友人がリクエストしたお土産は「だるま」
さすがに百貨店で買うと高額のだるまになりそうなので、羽田国際空港で買うことにしました(ちなみにありました)。

百貨店では高めのお箸を購入。 さすがに 2 週間泊めてもらうのに、お土産がチンケなものは申し訳ないですからね。
あとドンキホーテで日本のお菓子なども購入。

わたしが利用した航空会社はカタール航空です。
SkyScaner で格安航空券を購入しました。

羽田発ドーハ経由ミラノ行きでした。
料金は保険込みで 8 万後半。
フライト料金はもっと高いのかと思っていたら、予想以上に安かったので驚きました。

羽田発のフライトは深夜発だったため、夜自宅をでて羽田空港に到着しました。
2 週間も日本食を食べれなくなるのかーと思い、羽田空港でつけ麺を食べました。

夕飯も食べ終えあとはフライト時刻まで待つだけだ、
と思っていたらなにか入り口が騒がしい。
どうやら機材交換のためフライト時刻が大幅に遅れるらしい。
幸先悪いな、と同時にドーハからミラノへの乗り換え時間が 1 時間 30 分くらいしかなかったため、乗継ぎ間に合うかなと不安がよぎった。

慌てても仕方がない。
羽田空港の Wifi でネットサーフィンしていた。

既に出発時刻は過ぎている。
どうなんだろうと思った直後、入場開始のアナウンスが流れた。

約 1 時間遅れ。

まあ仕方がない、経由便もぎり間に合うだろうと飛行機の中に入って行った。
カタール航空の飛行機内はわりと快適だった。
窮屈な感じも受けなかったし、見れる映画も多かったし。
ご飯も美味しかったです。
そしてなんやかんやのうちに無事ドーハに到着しました。

乗継ぎ便の出発時刻まで約 30 分。
ギリ間に合うかなーと思ったのもつかの間。
カタール航空職員が大勢出口で待っていました。

それぞれ到着先の地名を言ってお客を呼んでいる。
ミラノと言っている職員に近づき事情を聞いてみる。

するとどうでしょう。

もう今日乗継ぎ便に乗ることはできないと言っているではないでしょうか!

羽田空港で幸先悪いなーと思ってたら、案の定わたしの幸先悪さ加減が尾を引いていました。
わたしのつたない英語で職員と会話しました。
わたしの英語力は、短い英文だったら言えるし聞けるけど、長文ばーっと言われると何言っているか聞き取れないレベル。
職員が長く話すとわけわかんなくなるので、少し話したら確認しての繰り返しをしました。

職員が言っていたのは以下内容。

  • 今日はもう乗れない
  • 明日同じ時間の便のチケットはとった
  • ホテルも手配した
  • エントランスに行ってホテルマンの案内を待て
  • 預け荷物はそのままにしておけば明日のフライトに詰めておく

とのこと。

悪くない。
てかホテル泊まれるの!?
てっきり空港でそのまま寝泊まりするもんだと思っていましたよわたしは。笑

乗継ぎでそのままミラノ行くの疲れるなーと思ってたからちょうどいいんすけど。
しかもドーハとか中東の街並み見たことなかったからラッキーなんすけど笑

てなことでエントランスでホテルマンを待ち、そのままバスに乗りホテルに向かう。
後々空港で働く友人に聞いたら、整備など航空会社事情で遅延した場合は、代わりの便やホテルの手配をしてもらえるらしい。
ただ台風などの天候の場合は手配してもらえない可能性が高いとのこと。 天候理由じゃなくてよかったー笑

てなことでミラノに行く前にドーハに到着。

約 10 分バスに揺られ着いたホテル

italy-milan-travel-doha1

広くてとても綺麗!

トイレは紙を使用できないので注意が必要。
近くにあるホースで洗う。

italy-milan-travel-doha2

テレビではアラビア語で放映されている。
正直何言っているか全然わからない。
ドーハで観光したかったですが、両替していなかったのでカードしか使えず。

ホテル周りを散歩したくらいです。

italy-milan-travel-doha3

italy-milan-travel-doha4

italy-milan-travel-doha5

ドーハの街並みは高層ビルと古くからある建物が混在していました。
気温は高く砂埃が舞っていました。
まさかドーハの街並みを散策できるとは思わずちょっと感動。

街中はほぼ中東人のみ。
白人、黒人、アジア人もおらずアウェイ感満載な散歩でした。

ホテルの飯。

italy-milan-travel-doha6

この白いヨーグルトがとても甘くて完食できず。
他は普通にうまかったです。

ドーハは数時間に一回、市内放送みたいのが大音量で流れる。
これが夜中にも流れるので夜遅くに起きてしましました。

ほんとはモスクや市場にも行きたかったな。

まさかのドーハで一晩過ごし、翌朝早朝に空港に向かい無事イタリア、ミラノに到着することができました。

やっとイタリア到着。
到着空港はミラノ・マルペンサ国際空港。

到着後まずすること。
それはプリペイド sim を購入すること。

イタリアには「TIM」「WIND」「Vodafone」というキャリアが主。
事前に調べたところ「WIND」というキャリアが安くて通信も安定しているとのことで、空港内散策するもそもそもプリペイド sim 屋がない。
聞いてみると両替所がプリペイド sim を販売している模様。
ただこの空港には「Vodafone」しか売ってなかったです。
料金プランも 5000 円くらいで思ったよりだいぶ高い。
容量は 4GB 以上だったので、2 週間だったら全然持つけど。

プリペイド sim を iPhone に設定したけど、そのあと少し焦りました。
なぜなら sim を設定しても全然接続されない。
つたない英語で会話する。
よくよく聞いてみると「3 時間待て」とのこと。

他のサイトやブログを見たらなんか色々設定してるっぽいけど、正直よくわからなかったので、作動しないプリペイド sim をさしたままミラノへ向かいました。
これで接続しなかったら 5000 円無駄になるのと、友人と落ち合えない不安がありましたが 3 時間たったら無事繋がりました。よかった。

長くなったので、到着後の生活はまた次回!

続きのブログ書きました。
2 週間イタリア ミラノに行ってきた-後半-ミラノ内で巡りに巡った観光地_サッカー観戦や最後の晩餐

comments powered by Disqus