【Karabiner】Macでマウスの戻る進むが出来ない 設定方法

こんにちは。

つい先日 MacBookPro のキーボード配列の変更方法を記事にしました。

【Karabiner】MAC  キー配列の変更の仕方 設定

それに関連して今回は Logicool 製のマウスの設定変更方法も記事にします。

 

背景

私は Windows のパソコンを使用していた時から、Logicool ワイヤレスマウス m325tを愛用していました。
理由は、手にすっぽりおさまるサイズ感と操作性、あとマウスでブラウザの戻る、進むをすることができたからです。

当然 MacBookPro 購入後も Logicool M325tCW を新たに購入し Mac 専用マウスとして利用しようとしていました。
なぜなら商品説明に Mac OS X 10.5 以降なら使用可能と書いてあったからです。

だがしかしマウスで戻る・進むをしても反応しないのです。

調べてみると Logicool のコントロールセンターで割り当て変更ができることがわかりました。

ただ M325T は対象外でした。

ということで、さらに別の手段を調べ始めました。

 

Karabiner-Elements で設定変更できる

以前の記事にも書いたキーボード配列変更ソフト「Karabiner」。
これが最近マウスの割り当てもできるように、アップデートされました。

Karabiner のインストール方法は以下記事に掲載したので、まだ Download していない人は以下記事から見てください。

【Karabiner】MAC  キー配列の変更の仕方 設定

 

マウスのボタン 4、ボタン 5 の割り当て手順

ボタン 4 は、マウスホイールを左に倒した時
ボタン 5 は、マウスホイールを右に倒した時
の動きのことです。

今回は
マウスホイールを左に倒した時=戻る
マウスホイールを右に倒した時=進む
に割り当てます。

  • Complex Modification の Rules を表示させ、Add Rule をクリックします。

mac-mouse-setting-change1

  • Import more rules from the Internet(open a web browser)をクリックする

mac-mouse-setting-change2

  • Change mouse buttons(rev 1)を Import する

mac-mouse-setting-change3

mac-mouse-setting-change4

mac-mouse-setting-change5

 

  • Change button4,5 to back ,forward(rev1)を Enable する

mac-mouse-setting-change6

 

  • 追加されていれば OK

mac-mouse-setting-change7

これでマウスの、戻る・進むも出来ます。
ただ今は Mac のトラックパッドの便利さに気づき、マウスはほぼ使用していないですね。

Apple Magic Trackpad 2 MJ2R2J/A

comments powered by Disqus