MacBookバッテリー故障 「バッテリーの交換修理」と表示され充電できない場合の対処法

現在MacBookを使用しているのですが、先日「バッテリーの交換修理」と表示され充電できなくなりました。しかも購入から2ヶ月も経っていないのに。
バッテリー不足で使用できなく、電源コードを接続していないと使用できない状態になってしまったので大変不便だったのですが、その時実施した対象方法を記していきます。

症状

上部メニューバーのバッテリー箇所に「バッテリーの交換修理」と表示される。
バッテリーの充電容量が0%のまま充電されない。
電源コードを外すとすぐシャットダウンする。

現状把握

右上メニューバー表示状態確認

macbook-battery-malfunction

「バッテリーの交換修理」とメッセージが表示されている。
Apple公式サイトによるとこのメッセージは以下の様な意味らしい。

バッテリーは正常に機能していません。適正な電源アダプタに接続している間は Mac を問題なくお使いいただけますが、できるだけ早く Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダにお持ちください。

ターミナルで状態確認

ターミナルを開いて以下コマンドを叩きます。

ioreg -c AppleSmartBattery | grep -i Capacity

そうすると以下内容が表示される。

| “MaxCapacity” = 1433
| | “CurrentCapacity” = 10
| | “LegacyBatteryInfo” = {“Amperage”=0,”Flags”=5,”Capacity”=1433,”Current”=10,”Voltage”=7303,”Cycle Count”=13}
| | “DesignCapacity” = 5550
MaxCapacity:現在の完全充電時容量(mAh)
DesignCapacity:新品購入時の完全充電時容量(mAh)
CurrentCapacity:現在のバッテリー容量(mAh)

購入時より完全充電時容量が4分の1にもなっています。電源コードで作動しているので現在のバッテリー容量もごく僅かです。

システムレポートで状態確認

システムレポートでもバッテリー状態を確認できます。
メニューバーのAppleマークにカーソルを合わせ、「このMacについて」をクリックします。

macbook-battery-malfunction2

システムレポートをクリックします。

macbook-battery-malfunction3

項目「電源」をクリックします。
そうするとバッテリー状態をGUIで見ることができます。

ここで見るべき項目は『充電中』と『完全充電時の容量(mAh)』、『状態』です。

今回の場合、

  • 充電中:いいえ
  • 完全充電時の容量(mAh):1433
  • 状態:バッテリーの交換修理
    となっていました。

対処方法

アプリを強制終了させた上でシステム終了させる

一旦起動しているアプリを全て強制終了した上でシステム終了させましょう。
その後起動して状態確認します。ここでメッセージも問題なくなれば後述の対処法は実施しなくても大丈夫です。

完全放電させた上で一晩放置しておく

私のMacBookは一度この方法を実施したら充電される様になりました。
ただその後1週間後くらいにまた同じ症状になったのですが。

SMC(システム管理コントローラ)をリセットさせる

SMCとは、Macのハードウェア部分を制御している箇所なのですが、そこをリセットさせましょう。
バッテリー取り外し不可の場合

  • システム終了
  • 「shift + control + option」キーを押しながら、電源ボタンを押します。
    これらのキーと電源ボタンを10秒間押し続けてください。
  • 全てのキーを放す。
  • 起動させる。

NVRAM または PRAM をリセットさせる

ランダムアクセスメモリもリセットさせてみましょう。
ただこのメモリは「音量、画面解像度、起動ディスクの選択、時間帯」などについての設定が保持されているので、厳密にいうとバッテリー関連は関係ないかもしれませんね。

  • システム終了し電源を入れる。
  • すぐに「option」「command」「P」「R」の 4つのキーを同時に押し、20秒ほど押し続けてからキーを放す。
  • その間、Macは再起動しているように見える。
  • 起動音が鳴る Macの場合は、2回目の起動音が鳴った時点でキーを放す。
  • iMac Proでは、2度目のAppleロゴが表示され、消えたらキーを放せます。

Appleサポートに電話で質問する

私は上記内容を実施しても治らなかったのでサポートに電話しました。
結局はバッテリー交換する必要があるということで、Apple正規店か代理店に伺ってバッテリー交換することになりました。バッテリー交換でも予約する必要があるので、どちらにしても申し込みが必要なんですね。 その週の日曜に予約をとって交換することになりました。
バッテリー交換時間は約1時間。その場で交換できない場合は5日間くらい時間が必要になるらしい。

以上

comments powered by Disqus