プログラマー・エンジニアが使用しているMacBookを紹介 このスペックがあれば十分

Featured image

こんにちは。

これから MacBook を購入される方は、どのくらいのスペックのパソコンを購入すればわからないものですよね。
Apple のサイトで MacBook を購入しようとすると、自分でスペックをカスタマイズすることができるので、余計に悩まれるかもしれません。

私自身、職業プログラマーとして職場に MacBook、自宅用に MacBookPro 所有してますが、自宅用のパソコンを購入するときはどのくらいのスペックで購入するものか悩んだものでした。
当然良いスペックのパソコンを購入すれば、今後プログラミング、音楽、イラスト作成でストレスを抱えることは少なくなるかもしれません。

ただ MacBook はけっして安い買い物ではないので、必要十分のスペックを見極めて購入する必要があります。
正直購入する MacBook のスペックは、使用者の用途によって異なります。
ネットサーフィンや Youtube を見るくらいしか使わないのであれば、正直スペックは低くて構いません。

ただ、PhotoShop や LogicPro などのイラスト・音楽作成ソフトや、プログラミングする際に IDE(統合開発環境)を利用する場合は、あまりに低いスペック(特にメモリ)だと、動作が遅かったり、挙げ句の果てに動作が停止してしまうこともあります。

今回はプログラマーとして働いている私が使用している MacBook のスペックを紹介します。

会社で使用している MacBook のスペック

わたしが会社で利用する MacBook を使用し始めたのは、2018 年5月です。

ハードウェアの概要

  • 機種名: MacBook
  • 機種 ID: MacBook10,1
  • OS: High Sierra
  • プロセッサ名: Intel Core i7
  • プロセッサ速度: 1.4 GHz
  • プロセッサの個数: 1
  • コアの総数: 2
  • 二次キャッシュ(コア単位): 256 KB
  • 三次キャッシュ: 4 MB
  • メモリ: 16 GB
  • HDD: 500GB
  • 内臓ディスプレイ: 12 インチ

MacBook が配布されてまず驚いたのが「薄さ」でした。 MacBookAir なのかと勘違いしてしまうほどの薄さでした。
やはりメモリは 16GB あるとストレスは全くありません。
統合開発環境を開いて、GoogleChrome タブを多く開いていても止まることはありません。
プログラミングではこのスペックで十分です。

自宅で使用している MacBookPro のスペック

購入時期は 2017 年 9 月ごろです。

ハードウェアの概要

  • 機種名: MacBook Pro
  • 機種 ID: MacBookPro11,4
  • OS:High Sierra
  • プロセッサ名: Intel Core i7
  • プロセッサ速度: 2.2 GHz
  • プロセッサの個数: 1
  • コアの総数: 4
  • 二次キャッシュ(コア単位): 256 KB
  • 三次キャッシュ: 6 MB
  • メモリ: 16 GB
  • HDD: 250 GB
  • 内臓ディスプレイ: 15.4 インチ

節約する為に HDD を 250   GB にして、外付け HDD を購入して不要なファイルや、iTunes の音楽は全部そちらに移動させました。

AppleCare とあわせて約 28 万円弱かかったので、やはり高かったのかなと思います。

ただ長く使用するものでかつ毎日使用するものだから、今ではこのスペックで購入してよかったと思います。

外付けキーボードとトラックパッドは以下を使用しています。

HHKB PRO

Apple Magic Trackpad 2 MJ2R2J/A

以上です。

comments powered by Disqus